新潟県のおいしいご当地グルメを大切な方へのギフトに贈れば、きっと喜ばれます。

上手な贈り方とコツ

新潟県のご当地グルメをお中元お歳暮に贈る・上手な贈り方のマナーとコツ

 新潟県のご当地グルメを贈ろう!
お中元・お歳暮は、日ごろお世話になっている人への御礼と、
これからも末長いお付き合いをお願いします、の気持ちを込めて贈るものです。

お中元・お歳暮を贈る時期

お中元・関東は7月1日から7月15日
・関西は7月中旬から8月15日までに先様へ到着するように贈ります。
お歳暮 12月初旬から25日ごろまでに、先様へ到着するように贈ります。

お中元・お歳暮 贈る金額の目安

仲人やお世話になっている上司 5,000円前後
親戚や知人 3,000円~4,000円
特別お世話になった方 5,000円~1万円

お中元・お歳暮の渡し方

ocyugen-furoshiki.jpg正式には先様のお宅を訪問して直接手渡しするのですが、
デパートなどから配送したり、宅配便で送ってもOKです。

送る場合は、必ず手紙を別便で送るか、カードを添えましょう。
手紙には「お中元のおしるしに新潟のご当地グルメ●●●を送りました」などと書きます。


お中元・お歳暮を贈る時期が遅れたらどうする?

お中元 8月初旬の立秋までなら「暑中お見舞い」、
それ以降は「残暑お伺い」として贈ります。
お歳暮 正月に食べてほしいものなら12月30日までに届くように贈ります。
それ以降は、年明けから1月7日までに「お年賀」として贈ります。

お中元・お歳暮を贈るのをやめたいとき

疎遠になり贈るのをやめたいときは、暑中お見舞いや年賀状など、
手紙やはがきでのあいさつに切り替えてもOK。

またお中元お歳暮と年2回贈っていたのを、翌年は1回に、
さらに翌々年には贈らない、と段階を踏んで徐々になくしていく=「フェードアウト」する方法も。

お中元・お歳暮喪中の時はどうする?

お中元お歳暮は、お世話になった方への季節のご挨拶なので、
贈り主が喪中、または先方が喪中でも贈ってかまいません。
 

お中元・お歳暮のお返しについて

お返しは不要です。ただし、自分が贈っていただいた場合には、
到着しだい先方へ電話を入れて御礼を述べ、後日お礼状を送ります。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0